メタルギアソリッド3攻略

メタルギアソリッド3攻略です。SUBSISTENCEには対応してません。MGS3は、比較的素直になったシナリオ、魅力的な登場人物、完成度の高いアクション、PS2最高峰のグラフィック、洗練されたインターフェイス、耳に残るBGMと、間違いなくシリーズ最高傑作なのですが、だからこそサバイバル系のシステムと無線読み込みのもたもた感と処理落ちの多さが勿体無い。これさえ解消されていればMGS3の伝道師にすらなったのですが、惜しかった。


  • 一部のページでは大量の画像を使用しているため、環境によっては全ての画像が読み込まれないことがあります。大抵のブラウザは画像をキャッシュしてくれるので、リロードを繰り返すと全て表示されるはずです。
  • MGS3はカムフラージュ率の導入によって、MGS2と同じ感覚で走って移動すると遠距離からでも簡単に敵兵に見つけられてしまいます。敵兵が潜んでいる可能性がある場所ではできるだけホフクで移動したほうが良いでしょう。敵兵が怪しんでしまい、接近されそうになった時は食料やマガジンを敵兵の背後に投げるか、スモークGを目の前に投げて走って距離を取ると効果的です。スパイダー迷彩を入手できれば走って逃げることもできます。
  • CQCは敵兵と隣接していなくても、ある程度敵兵に近ければ引き寄せることが可能です(人1人分は開いていても平気)。敵兵にCQCを仕掛けるときはストーキングせずに走って近寄り、足音に気づかれて振り向かれた直後にCQCを仕掛けるようにすると簡単です。下手なストーキングは失敗の原因になります。…ただ、山猫部隊は反応が敏感なため、走って近寄ろうとすると失敗する可能性が高いので注意してください。
  • MGS2以前とは違い、スネークが投げた爆発物(グレネード系、RPG-7)が爆発しても警戒フェイズになるだけで、危険フェイズに移行しなくなりました。ただ、許されるのは2回までで、同じマップ内で3回爆発が起きると危険フェイズになってしまいます。例外はあってTNT、クレイモア、ドラム缶、フライングプラットフォームの爆発は何度起ころうが危険フェイズにはなりません。またチャフG、スモークGの爆発音は敵兵や犬には一切聞こえません。
  • 敵兵の弱点は頭、股間で、主観射撃で撃ちぬくと一発で倒せます。難易度別の耐久力、麻酔が回る時間、睡眠時間、気絶時間については小ネタ・情報のページをご覧ください。ちなみにMGS2では両手両足を撃つとEXTREMEであろうと2発で倒すことができましたが、今回は四肢全てを撃ったとしても倒れなくなっています。
  • MGS2とは違い、MGS3ではリコイルの概念が存在します。特にAK-47などのフルオート系の銃は姿勢を中腰以下にして撃つと飛躍的に集弾性が高まります。空腹時のフラつきも姿勢を低くするとある程度抑えることができます(リコイルはどうにもなりませんが、空腹のフラつきはペンタゼミンで抑制することも可能です)。
  • MGS2とは違い、MGS3では銃を構えた状態であってもタクティカルリロード(R2を二回連続で押してリロードアクションなどをキャンセルする)ができるようになりました。通常のリロードの他、Mk22、M37など1発ごとに弾薬を装填しなければならない銃で行うと効果的で、慣れると麻酔銃やショットガンを連射できるようになります。
  • 応援兵はM37の衝撃すら完全に防ぐシールドを装備しています。多くの場合、ローリングも無効です。MGS2と違い、銃撃でシールドを破壊することはできないため、主観射撃で足を狙って倒しましょう。
  • 麻酔銃(Mk22など)を撃たれた敵兵が警戒しないのはMGS2と一緒ですが、他の敵兵の監視の目がある状態で撃ち込むと警戒フェイズに移行する時があります。監視の目がある中で排除しなければならない場合、無線兵を先に始末すると安全です。チャフGを使っておくか、無線機を撃って破壊するのも有効な手段です。
  • 麻酔弾を撃ちこんだ敵兵を転倒させると即眠らせることができます。簡単なのはローリングです。
  • 敵兵の体を草むらの中に隠すと正常な敵兵が真上に乗ったとしても気づかれなくなります。
  • 気絶した敵兵が起きると警戒フェイズに移行します。眠らせた場合は元の配置に戻るだけです。
  • 気絶(睡眠)した敵兵をロッカーやトイレの個室に入れておくと、時間が経過しても起きなくなります。
  • 足音とCQCの導入により、MGS2ほどホールドアップは有用ではありませんが、MGS2と違って危険フェイズであってもホールドアップが通用するようになりました(危険フェイズの場合、CQCで投げ倒してうつ伏せ状態になっているときのみ有効)。ただし、科学者、メンテナンスクルー、ライコフ、山猫部隊にはホールドアップが完全に無効で、どのフェイズであろうとホールドアップ指示を出した瞬間に危険フェイズになってしまうので注意しましょう。
  • 科学者やメンテナンスクルーは変装状態のスネークを見破る能力(しばらく視界に入り続けると危険フェイズになる)を持っていますが、ダンボール箱を被って行動するとなぜか「?」が出るだけで済みます。怪しまれたときなどはダンボールを被って距離を取ると安全です(勿論、敵兵が混ざっていると無効)。
  • 各アイテム、敵兵の復活条件はMGS2のソレに比べて単純になっていて、どの難易度であろうと2マップ以上離れるとアイテムボックス、植物、敵兵が復活、1マップ以上離れると軍用犬含む動物が復活するようです。
  • ライフが赤くなるタイプの重傷を負うと完治時、僅かにライフ最大値が伸びます。選択難易度、重傷の種類、度合いによって差はあるかもしれませんが、約20回の重傷でスタミナゲージの1/4ほどライフ最大値が伸びるようです。これを利用するとEXTREMEでもスタミナゲージと同じ量までライフ最大値を伸ばすことができます。
  • 食糧庫、武器庫はTNTで破壊できます。食糧庫を破壊すると敵兵のライフが半減し、スタミナが極限まで減り、ローリングやパンチコンボですぐに気絶するようになります(麻酔が効くまでの時間は変わりません)。また、食料を見つけると食べるようになります。武器庫を破壊すると敵兵のメインウェポンの弾薬が少なくなるようです。
  • ロードはマップに入った地点の状況が再現されます。つまり、マップ内の敵兵を始末した後だとか、アイテムを回収した後、マップを移動せずにセーブしてもロード時には無かったことにされてしまうので注意してください。

inserted by FC2 system