Delta Force 2攻略

備忘録です。プレイヤーによって遊び方が異なるゲームですので、各ミッションの攻略は注意点のみに留めます。筆者の購入したバンドル版(10th Anniversary Collection)には、DF2のフォルダに各ミッションを解説したストラテジーガイド(DF2STRAT.PDF)が入っていたので、同じファイルがあり、英語を読める方はそちらのほうが参考になるかと思います。


DF2の新要素、旧作からの変更点

  • コマンドマップ(Commander's Map)が改良され、マーク別のON/OFF、マウス右ボタン+ドラッグで表示位置移動、WayPointの設置などができるようになった。◇マークのボタンでWayPointを作ることができ、これはフレンドリータグのように、ミッション中、常に表示されるようになる。表示する名前まで変更可能。目標となる人・物、Extraction Point、あるいは、コマンドマップで敵がいることは把握しているが実際に姿が見えない時などに設置しておくと便利。
  • zキー、xキー(デフォルト)で、スコープ側で着弾地点調整を行えるようになった。スコープ視点時、右の橙色の数値が照準から着弾地点までの最短距離を表し、それに近い数値になるように左の黄色の数値を調整する。仮に左の数値を400mに調整して撃ったとすると、弾丸が400m飛んだ地点で照準の中心を通過するようになる。
  • テントは、小型の爆撃(フラグ、M203グレネード、LAW等)で爆破できるようになった。
  • 一部の小屋は、大型の爆撃(Satchel ChargeやLaser Designator)で爆破できるようになった。
  • 銃弾が物体を貫通するようになった。銃弾の威力によって貫通力が異なり、水中銃・散弾銃<拳銃・MP5<M4・M249<M40<Barretといった順に貫通力が大きくなる。水中銃・散弾銃はテントなどの薄いシート、拳銃弾系は木材、小銃系は人体・一部の石材や金属、Barretはほぼ全ての素材を貫通する。素材によっては例外もある。
  • 車両やヘリは爆発物でないと破壊できなくなった。Barret .50 Sniper Rifleも効果がない。
  • 前作では激弱だった攻撃ヘリの存在が脅威に。今回はかなり遠距離から撃ってくるうえに、前述したように銃弾では破壊できず、LAWやM203を利用しなくてはいけなくなった。ただ、ヘリのAIは単純なので、対処は簡単。ヘリは、操作キャラクターが△形状の斜面で伏せていると、直進しようとして向かい側の斜面に体当たりし続けるか、頭上を飛び越そうと腹を見せる。前者ならメインローター、後者なら腹に榴弾を撃ちこめばいい。
  • 敵の装甲車の銃撃は、Barret同様、壁を貫通するので非常に危険。見つけたら迅速に処理しなければならない。
  • 梯子の上り下りが可能になった。
  • トラックの荷台、ボートに乗れるようになった。ただし、自分で運転することはできない。
  • 落下によるダメージが設定された。急な斜面を下りるときは伏せたまま移動すると安全。
  • 潜水時、酸素の概念が設定された。約45秒で酸欠状態になり、死亡する。
  • 風の概念が導入された。ただし、よほどの強風でもない限り、意識する必要はまずない。
  • ナイトヴィジョンはいつでもON/OFFできるようになった。
  • 草むらに隠されているスパイク(木のバリケード)に触れると即死するので、細心の注意が必要。
  • 敵に足音を感知されるようになった。あらゆる環境で試したわけではないが、サイドアーム(ピストル)を装備している場合、"歩き"なら姿勢に関係なく、足音を消すことができる。ところが、ナイフやプライマリウェポン(アサルトライフル等)を装備している場合、伏せて進まない限りは足音を消すことができない。どういう仕組みなのかわからないが、どうしても背後からナイフキルしたいのであれば、ピストルを装備して歩きで背後まで近寄ってから、ナイフに切り替えるべき。
  • 敵拠点の建物などに手榴弾の箱が置かれ、触れると手榴弾を補充できるようになった。

GENERAL SETTINGS(全般設定)

Driver
ウィンドウモード、フルスクリーン(ソフトウェア)、フルスクリーン(ハードウェア)を選べる。現在のPC環境でハードウェアモードで動かそうとするとおそらく表示がバグるので、ソフトウェアモードで遊ぶのが無難。

Resolution
画面の解像度。ゲーム内からだと800x600まで。df2.cfgファイルを直接弄ると、1024x768まで上げられる。ゲームフォルダ内にあるdf2.cfgをメモ帳などで開き、//DISPLAYの項目にある、game_resの数値を、6に直して保存する。ただし、筆者の環境では(WinXP、Win7 64bit)、ミッション中、一部の武器のアイコン表示がバグる。

Turbo
ONにするとテクスチャが荒くなる代わりに動作が軽くなる。スコープを覗いた時などに動作が重い場合に使える。


DIFFICULTY SETTINGS(難易度設定)

ENEMY AI
敵兵の賢さ。行動等も変わるかもしれないが、主に敵兵の銃撃の精度に影響。HARDの場合、被弾しやすくなる。

SQUAD MEMBERS
仲間の有無。

TRACERS
銃のトレーサー(曳光弾)の有無。OFFだと敵の銃撃がどこから飛んできたか分からなくなり、かなりシビアになる。ちなみに、赤色のトレーサーが敵の銃撃、青色のトレーサーが操作キャラクターと仲間の銃撃。

FRIENDLY FIRE WARNING
味方を照準に合わせたときの警告の有無。

GPS ICONS
レーダーに映る対象を一部、味方のみ、全員のいずれかを指定できる。

WIND
風の設定。固定、ランダム、無しから選べる。


ミッション遂行に有用なアクション一覧

ミッション遂行に有用なアクションをピックアップ。詳細はマニュアルに載っている。現在のFPSの操作方法(WASD移動、Rでリロード等)に直す場合、競合するものがいくつかあり、配置しなおす必要がある。キーボードの最上段に割り振られているアクション(ファンクションキー等)以外は自由に配置できる。マウスのスクロールは使えない。


B双眼鏡。ズームはない。
Nナイトビジョン。
Cコマンドマップ(Commander's Map)を表示。"["でズームアウト、"]"でズームイン。
Fフレンドリータグ(Friendly Tags)を表示。表示しておくと仲間のいる位置が分かりやすい。
Gオブジェクティブ(勝利条件、敗北条件)を表示する。クリアした目標は橙色で表示されるため、
ミッションの進行度がわかりやすい。ミッション毎にOFFになってしまうのが、ちょっと面倒。
Rメッセージのログを表示。
Xスコープの着弾位置調整。(Increase scope zero)
Zスコープの着弾位置調整。(Decrease scope zero)
Eスコープの倍率の切り替え。(Scope Magnification)
W次のWayPointに切り替え。
Pauseポーズ。ポーズした状態でも、マップ等の表示のオンオフは自由にできる。
F9地形マップ(Terrain Map)に切り替え。
F10高低差マップ(Elevation Map)に切り替え。
F11第三者視点(Observer View)表示。Tabで他の隊員の視点に切り替える。シングルではまず要らない。
F12ビデオカメラ視点表示。VIDEO CAMERAを設置すると自動的にON状態になる。再度F12でオフ。

武器・ガジェット

プライマリは、M4 Carbine, Grenadeが基本。サイドアームはSOCOM .45, suppressedで固定。今回は水中銃が加わったが、シングルプレイでは使い道無し。ミッションごとにデフォルトの装備が違うため、面倒でも毎回確認しないといけない。


名称装弾数弾倉数照準器説明
PRIMARY WEAPON
M4 Carbine30124xM4カービン。迷ったらM4を選んでおけば間違いなし。
M4 Carbine, Grenade112-M4カービンのグレネードランチャー。M4を選ぶならこっちで。
M4 Carbine, Shotgun76-M4カービンのショットガン。威力が低くて使い物にならない。
M40 Sniper Rifle51210xスナイパーライフル。対人用。
Barret .50 Sniper Rifle10410xスナイパーライフル。対物用だが、DF2では車両や建造物の破壊は一切できないので注意。銃弾はほとんどの素材を貫通する。
HK MP5 SD33012-サブマシンガン。消音。スコープが無いうえに遠距離射撃の精度が低いので、これ一挺では厳しい場面も少なくないが、いくら発砲しても敵兵に気づかれないため、敵兵に囲まれにくい利点がある。遠距離射撃は当たらないので、弾薬を大量に消費してしまいがちだが、Extra Ammoを装備しておけば、余裕ができる。
M249 SAW2002-ライトマシンガン。
Underwater Assualt Rifle304-水中用アサルトライフル。
SECONDARY WEAPON
Extra Ammo---PRIMARY WEAPONのマガジン携帯数が1.5倍になる。
LAW122x対戦車ロケット。
Satchel Charge-2-爆薬。設置した後、Detonatorを押して起爆する。
Claymore-2-指向性地雷。モーションセンサー式で正面を通ると爆発する。
Video Camera-1-監視カメラのような役割を果たす。設置するとカメラ視点が表示される。F12キーで表示のON/OFFが可能。VIDEO CAMERAに装備を切り替えたときだけ、カメラの視点を360度移動させることができる。他の武器に切り替えれば、表示させたまま移動できる。
SIDEARM
SOCOM .45123-拳銃。
SOCOM .45, suppressed123-拳銃。消音。DF2では20m弱の距離なら、敵を一撃で倒せる。
HK P11 Underwater Pistol63-水中用拳銃。消音。
AUXILIARY GEAR
Kevlar Vest---拳銃弾程度の弾薬の殺傷力を抑える。
Ghillie Suit---夜間のミッションでステルス性が上がる模様。
LAR V Rebreather---潜水用。際限無く水中に留まることができる。
GRENADE
Fragmentation-6-前作と同仕様の物に触れると即爆破する破片手榴弾。
Delayed Fragmentation-6-新規に追加された数秒後に爆発する手榴弾。
その他
Knife---ナイフ。消音。
Laser Designator--2x空爆を要請できる。特定のミッションで使用可能。"要請した位置"に爆撃が起こるわけではなく、"爆撃直前の照準の位置"が爆撃地点となる。要請後に伏せたりして遮蔽物に遮られると、目の前で爆発が起こる可能性がある。逆に適当な位置で要請を出し、爆撃直前になって目標に照準を合わせることも可能。ちなみに爆撃を要請した直後に再要請すると、連続で爆撃できる。

inserted by FC2 system