GHOST RECON 2(ゴーストリコン2)攻略

  • 本攻略はPS2版で行なっています。Xbox版とは内容が全く異なるので注意してください。
  • どの難易度を選択しても敵の数や配置は変わりません。違うのはおそらくゴースト隊員の体力だけです。
  • 武器選択画面では左スティックを入れながらL/Rボタンを押すと武器を変更できます。かなり基本的なことですが、鈍感なためか、ミッション7になるまで気づかず、ずっとアサルトライフルで進んでいたもので…。
  • 各攻略ページには選択可能な武器を載せて、お奨めの武器を太文字で表示しているんですが、どのミッションであろうとスナイパーライフルが有効なので、無意味になってしまいました。面倒なので明記してませんが、武器を選択可能なミッションでは必ずスナイパーライフルを装備して攻略しています。スナイパーライフル以外の選択肢としてはズーム倍率が高いM4 ACOG、あるいはM8/M320がお奨めです。
  • 一部の敵兵はRPG7を装備しています。RPG7装備の敵兵はマークの縁を黒色で塗って分けてます。
  • 姿勢が低いほど被弾率は下がります。近くに有効なカバーが無いときは中腰以下で行動したほうがいいでしょう。ただ、これまでのGHOST RECONと違って体力はかなり多く、それほど被弾を恐れる必要はないので、匍匐でじりじり進んだりはしなくていいです。集弾性に関しても同じ事が言えますが、長距離狙撃時以外では大差ないので、立って撃っても当たります。中腰で移動してカバーから覗き込んで撃つのが基本です。
  • 仲間は「囮」にしかなりません。「偵察」は、敵出現のトリガーはあくまでミッチェルなので、仲間を先に進ませる意味がそもそもありません。むしろ敵が出現しないだろうと安心してしまうので危険です。ただ、1人だけ高所に移動させて援護させるという使い方はできなくもありません(そこまでタクティカルにプレイする必要はないですが)。「援護」は、敵兵はこちらが射撃したからといって怯むわけではなく、むしろ放置したほうが臨機応変に対応してくれるので都合が良いです。最後に「投擲」ですが、仲間は目の前に壁があっても平気で手榴弾を投げてしまうので、かなり気を使わないと自爆、誤爆が多発します。また、ミッチェルが、M320やM3A2といった便利な爆発物を持っているので、機会は限定的でしょう。結局、敵兵の前へ「移動」させることで、ミッチェルの囮あるいは盾になってもらう、というのが限界だと思います。
  • 仲間がスタックしてしまい、「集結」を実行してもついてこなくなる時があります。そうなったらスタックしたキャラクターに体当たりして、ついてくるようになるまで場所を移動させてやると直ります。…まったく、しょーもないです。
  • クリアスコアは選択した難易度が高いほど多くもらえるようになっているようです。また表示される項目(レベル、排除した敵、ヘッドショット、生き残ったチームメイト)以外にも参照されるパラメータがあるようで、おそらくミッチェルの残存体力(≒被弾数)も関係しています。チームメイトの体力が関係しているかは不明です。

inserted by FC2 system